ノニの木 ノニ、とは、アジア、オーストラリア、ポリネシアなどの熱帯、亜熱帯地方に広く分布する多年生植物です。非常に丈夫で少雨の厳しい条件下においても繁殖することが可能で、葉・果実は食品として摂取することが可能です。 ノニ(Noni)はアカネ科(Rubiaceae)の植物で、学名はモリンダ・シトリフォリア〔Morinda citrifolia〕です。ノニはハワイで呼ばれている植物の名称で、他に“Indian Mulberry”、“Nonu”、”Nono“、沖縄では”ヤエヤマアオキ“とも呼ばれています。 ノニの実 ノニの果実は実をつけてから数週間で醗酵を始め、その醗酵果汁には各種酵母菌や酵素、アミノ酸、中鎖脂肪酸、ポリフェノール類などが多く含まれます。その発酵果汁をからノニの自然抽出し、まろやかな味に仕上げたのが「のに元気ジュース」です。 また、ノニの葉は、果実に栄養素を運ぶ大きな役目をしています。「のに美人茶」は無酸素、減圧、低温乾燥していますのでノニの葉の含有成分を壊さずに作られています。


のに生産組合の皆様

ページのトップへ